間違った洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
間違った洗顔方法

n5

洗顔をしっかりしていても、ニキビがなかなか治らなくて困っているという状況で困ってしまった経験はありませんか?

間違った洗顔方法

そんな経験をしている方は実はニキビの洗顔の仕方が間違っている可能性があります。
その典型的な洗顔の間違いというのは、洗顔をする際に洗いすぎているケースです。

洗顔のし過ぎというのは主に二つあり、皮脂を洗い落としすぎるということと肌を強く刺激しすぎるという面があります。
肌を強く刺激しすぎますと、肌が委縮してしまって伸縮性を失います。それと同時に毛穴の穴も小さくなりますので
皮脂が出た際に、毛穴から皮脂が出にくくなってしまうのです。

また、洗顔で皮脂を落としすぎると、保湿に必要な分までなくなることにより肌が乾燥します。
肌が乾燥瑠打と保湿成分だけでなく、前述したように伸縮性がなくなります。
さらに皮脂がないと皮脂を補おうとさらに皮脂を分泌しようとしますので、より皮脂が出やすくなってしまうのです。

この二つの状況が出来上がることによって、皮脂がより毛穴にたまりやすい現状が出来上がりますので
ニキビが余計にできたり悪化したりする原因が出来上がるのです。

ついつい刺激を強く皮脂を取ろうとしてしまって、かえってニキビを悪化させてしまう。
ですがこんな状況は、これらのことさえわかれば大丈夫です。
いくら洗顔をして努力をしてもニキビが減らないといった言ったことは少なくなるでしょう。

ニキビに効く洗顔料ランキング